黄蘗色(きはだいろ)のこと

投稿日:2017年3月16日 | 最終更新日:2017年4月3日

黄蘗色(きはだいろ)について

柘榴の実の皮を乾燥させた染料を使用しています。
媒染剤にはミョウバンを使っています。

本来、黄蘗色(きはだいろ)はミカン科の落葉高木である黄蘗の樹皮の
内側のコルク層を煎じて染液としました。
古くから黄蘗の染めは虫の害を防ぐために多くの経典などに使われてきました。
黄蘗は綿に染まりにくい為、貴久では柘榴を使っています。

少しくすんだ明るすぎない黄色で、派手さはありませんが暖かみの有る
優しい色に仕上がっています。

 

 

 

灰桜色灰桜色(はいざくらいろ)のこと

染直しでご注意頂きたいこと

関連記事

  1. 縹色(はなだいろ)のこと

    縹色(はなだいろ)のこと印度藍(いんどあい)から採れた沈殿藍を使用した、いわゆる「藍染め」の色です…

  2. 灰桜色

    灰桜色(はいざくらいろ)のこと

    灰桜色(はいざくらいろ)のこと椰子の木の実の種、檳榔子(びんろうじ)を煮出して染める色です。ミョ…

  3. 丹色(にいろ)のこと

    丹色(にいろ)のこと柘榴(ザクロ)の実の皮を乾燥したもので黄色に染めた後で印度茜(いんどあかね)で…

  4. 藤鼠色(ふじねずいろ)のこと

    草木染め染料五倍子で染める色です。木酢酸鉄で媒染することでくすんだ青紫や青グレーに染まります。…

  5. 鴇色

    鴇色(ときいろ)のこと

    鴇色(ときいろ)のこと印度茜(いんどあかね)の根を煮出して染める色です。媒染にはミョウバンを使用…

  6. 蒲萄色

    蒲萄色(えびぞめいろ)のこと

    蒲萄色(えびぞめいろ)のこと五倍子(ごばいし)で蒼グレーに染めた後、印度茜(いんどあかね)で赤をの…

  7. 憲法黒(けんぽうぐろ)のこと

    憲法黒(けんぽうぐろ)のこと藍染で縹色(はなだいろ)に染めた後に楊梅(やまもも)で濃い緑色を重ね…

  8. 虫除けに効く服装の色・蚊に刺されない色は?昔の人の知恵がスゴイ!…

     蚊が多くなってくる季節。虫除けは使っているけれど、「なんか私だけよく刺されるなぁ」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページトップへ