草木、柿渋染めの自然な色合い。
優しい洋服の通販「KIKYU」

【まんぷく朝ドラのロケ地】撮影場所はココだ!大阪 池田市にも?

NHKの新・朝ドラ「まんぷく」

朝ドラを毎回欠かさず見ている私としては、楽しみで仕方ありません。

しかも!!

今回の朝ドラ「まんぷく」の舞台は、我が地元・大阪府池田市!

朝ドラのモデル・日清食品創業者の安藤百福さんは、大阪府池田市でチキンラーメンを発明されたんです。

安藤百福 発明記念館「カップヌードルミュージアム」も、池田市にあるほど。

私が営む、草木染め工房「貴久」は、「カップヌードルミュージアム」の目と鼻の先にあるので、まさに地元!!

もしかして、「まんぷく」の撮影も池田市でやったりするのかな?という、期待も込めて、

朝ドラ「まんぷく」のロケ地・撮影場所を詳しく調べてみました!

【まんぷく朝ドラのロケ地】撮影場所はココだ!

2018年5月にクラインクインした、朝ドラ「まんぷく」の撮影。

ロケ地や撮影場所が、事前に公式発表されることはありませんが、

これまでのネットでの目撃情報や、公式ツイッターでの発表などを元に、まとめてみました!

●和歌山県ポルトヨーロッパ

日本の話なのに、ポルトヨーロッパ?と思いますが、モダンな建物が建ち並ぶ「昭和初期の大阪」を再現するために選ばれたそうです。

6月頃に撮影が行われ、安藤サクラさん、松井玲奈さん、呉城久美さんが来られました。

安藤サクラさん曰く、「まるでタイムスリップしたよう」な街並みだったんだとか。

和歌山での撮影シーンは、ドラマの第1週に登場するそうですよ。

●京都府 同志社大学 今出川キャンパス

主演の安藤サクラさん演じる「福子」が通っていた大学として、撮影に多く使われているのが、同志社大学の今出川キャンパス。

松井玲奈さん、安藤サクラさん、桐谷健太さん、長谷川博己さんの目撃情報がありました。

一般の大学生もたくさんいらっしゃるので、大騒ぎになりそうですよね。

同志社大学には、重要文化財がたくさんあるので、ドラマや映画の撮影によく使われるそうです。

● 東映太秦映画村

東映太秦映画村も、時代劇やドラマなどの撮影場所として、よく使われていますよね。

朝ドラだと、「カーネーション」にも使われていました。

私も行ったことがありますが、本当に時代劇に出てきそうな街並み!

「まんぷく」では、5月6月頃に撮影が行われたそうです。

オープンセットで撮影されていたみたいで、安藤サクラさんを目撃した!という方もいました。

●愛知県犬山市 博物館明治村

明治村は、明治時代の建築物を保存している、野外博物館。

こちらでは、桐谷健太さんの目撃情報がありました。

明治時代にタイムスリップしたかのような街並みなので、他にも映画やドラマの撮影がよく行われているんだそうです。

朝ドラでは、「ごちそうさん」「花子とアン」の撮影場所にもなったんだとか。

●NHK大阪のスタジオセット

NHK大阪内に作られた、特設スタジオセット。

「まんぷく」の撮影のほとんどが、このスタジオセットで行われているそうです。

かなり精巧に作られているので、「外での撮影に見える!」と思っても、スタジオセットであることが多いんだとか。

しかも、スゴイことが!

NHK大阪では、「まんぷく」のスタジオ収録見学ができるんです!

つまり、実際に撮影しているところが見られるってこと!

スタジオセットの上から、ガラス越しに見ることになりますが、貴重なドラマ撮影を見られるなんてスゴイですよね。

NHK公式サイトに、スタジオ収録見学のスケジュールが載っているので、ぜひチェックしてみてください!

【まんぷく朝ドラのロケ地】我が地元・池田市にも来るの?

朝ドラ「まんぷく」のロケ地や撮影場所を調べてみましたが、残念ながら、我が地元・池田市での撮影情報は得られませんでした…。

池田市は、安藤百福さんのゆかりの地ではありますが、街並みとしては、現代の普通の街並み。

昭和を舞台とする「まんぷく」の撮影場所としては、不向きなのかもしれませんね。

でも!

実は、池田市にも、昭和レトロな場所があるんです。

池田の古民家

阪急池田駅から徒歩10分程度、車が通る大きな道を少し右に入った場所に、レトロな長屋が建ち並ぶ一角があります。

マンションだらけの都会にありながら、その部分だけが、まるで昭和時代にタイムスリップしたかのような、不思議な雰囲気を醸し出す空間。

昭和レトロな長屋、瓦屋根、長屋をつなぐ小道など、どこを切り取っても、絵になるような場所。

その長屋の奥にあるのが、古民家を改装した、草木染め工房「貴久」です。

池田の古民家

「貴久」では、店主がていねいに手染めした、草木染めや藍染のTシャツ、バッグ、ストールなどを取り扱っています。

オーガニック素材なので、肌にも優しいですよ。

「貴久」の並びには、同じく古民家を改装したレトロなカフェや雑貨屋さんも。

「カップヌードルミュージアム」からも近いので、池田市にお越しの際は、ぜひお立ち寄りくださいね。

※イベント告知です!

ロハスフェスタin万博2018年秋に、当工房「貴久」も出店することになりました!

草木染めや藍染めのバッグ、Tシャツなどをたくさんご用意して、お待ちしておりますので、ぜひ遊びに来てくださいね!

【藍染体験】関西で持ち込み可能はココだ!大阪 京都おすすめ3選!

草木染め 緑色に染まる材料おすすめ5選!キレイな色を出すコツって?

関連記事

  1. ロハスフェスタ万博 持ち物チェックリスト完全版!お得に楽しむコツ…

    毎年、万博公園で行われるロハスフェスタ。おしゃれな雑貨や服、おいしい食べ物などが楽しめる野外…

  2. 藍染かめ

    藍染め 建てるという事

    藍染めの歴史藍の原料であるタデアイ、(漢字では書くと蓼藍)は、タデ科イヌタデ属の一年生植物。…

  3. 敬老の日プレゼント 4歳幼児と手作りしてみた!100均+〇〇で格…

    もうすぐ、敬老の日。プレゼントは用意しましたか?おじいちゃんやおばあちゃんにプレゼン…

最近の記事

ページトップへ