草木、柿渋染めの自然な色合い。
優しい洋服の通販「KIKYU」

草木染めの材料 キレイな色に染まるおすすめ10選!初心者でも簡単なのは?

草木染めをしよう!と思いたって、最初に悩むことは、

「さて、どんな材料で染めようか?」

といったことでは、ないでしょうか。

基本的に、自然に生えている葉や、花、木、果実の皮などであれば、どんなものでも染まります。

でも、どうせなら、キレイな色に染めたいですよね。

そこで、キレイな色に染まる「草木染めの材料」をご紹介します。

できるだけ、手に入りやすいものばかり厳選しましたので、ぜひ参考にしてみてください。

草木染めの材料 キレイな色に染まるのは?おすすめ10選

キレイな色に染まる、おすすめの草木染めの材料をご紹介します。

本当は、木の枝なども、意外とキレイな色が出るのですが、少し手に入りにくいので、今回は省かせていただきました。

できるだけ、ふだんの生活で手に入りやすいものばかり、厳選いたしました!

●玉ねぎの皮

あの、茶色のカラッとした玉ねぎの皮です。

黄色〜ヤマブキ色に染まります。

皮の量を多くすれば、濃いめのヤマブキ色に、少なくすれば、うす黄色に染まりますので、どんな色に染めたいかによって、量を調整してもいいですね。

玉ねぎの皮は、ふだんのお料理のときに、ゴミとして出るものです。

草木染めの材料として、わざわざ揃えなくても、家にあるものなので、初心者でも簡単に始められますよ。

●コーヒー

実は、コーヒーでも染まるんです。

コーヒー豆の出がらしを使ってもいいし、インスタントコーヒーの粉をそのまま使っても構いません。

色は、ベージュ〜濃い茶色。

まさしく、コーヒー色です。

コーヒー染めの場合、布だけではなく、紙やコースターを染めても。

コーヒーの深い茶色が、アンティークな雰囲気を出してくれますよ。

●紅茶

紅茶は、キナリ色〜淡いベージュ色に染まります。

ティーパックで煮出した紅茶でOKなので、簡単に用意することができます。

紅茶染めは、コーヒー染めと同じように、

布だけでなく、紙、コースター、レースなどを染めるのがおすすめ。

アンティークで、ノスタルジックな雰囲気になります。

紅茶で染めたレースや布で、アクセサリーを作ると、おしゃれになりますよ。

●赤しそ

6月頃になると、スーパーに大量に出回る赤しそ。

赤しそも、草木染めの材料としては、比較的手に入りやすいのですが、実は、染め方によって、色にバラつきが出やすいんです。

赤しそは、本来なら、鮮やかなピンク色に染まります。

でも、染める素材や前処理の仕方によっては、うすい黄色や緑色に染まるんです。

「せっかく赤しそを使うんだから、鮮やかなピンク色に染めたい!」という方は、

①赤しそを煮出した染液に、クエン酸を入れること。
綿素材は豆乳で前処理をしておくこと。
(絹やウールなど動物性繊維なら豆乳なしでOK)

の2点に注意して染めると、鮮やかなピンク色に染まりますよ。

●紫キャベツ

紫キャベツも、スーパーに売られていますよね。

芯の白っぽいところは取り除いて、葉の紫色の部分だけ使います。

紫キャベツも、赤しそと同様、色に差ができやすい植物。

紫キャベツの葉のような、明るい紫色を出すには、

赤しその染め方と、同じことに注意しましょう。

●ブドウの皮

ブドウの皮も、見た目のとおり、うすい紫〜濃い紫色に染まります。

ブドウを美味しくいただいた後、いつもなら捨ててしまう皮を取っておくだけ。

ただ、一度にたくさんのブドウの皮を集めるのは大変なので、

少しずつ、冷凍してためておくと便利です。

冷凍することによって、色素が壊れて色が出やすいので、染まりやすいですよ。

●ヨモギの葉

春になると、自然に生えているヨモギの葉。

とてもキレイな若草色に染まります。

黄色が強めの明るい緑色で、とても春らしい色。

ヨモギは、草木染めの材料としてだけでなく、お団子にしたり、ハーブとしてお料理に使ったりと、いろんな用途があります。

春を感じる、とてもいい植物ですよね。

ただ、自然に生えているものとはいっても、勝手に取ってはいけない場所もあります。

ヨモギを採取しても大丈夫な場所、または自宅のお庭に生えているものをお使いください。

●枇杷の葉

お庭に枇杷の木が生えている方は、ぜひ枇杷の葉でも染めてみてください。

枇杷の葉は、見た目とは裏腹に、とてもキレイなサーモンピンク色に染まります。

しかも、前処理や媒染をしなくても、かなり、はっきりと色が出ますので、簡単に染められますよ。

ただ、枇杷の葉って、スーパーなどで売られているわけではないので、手に入りにくいかもしれません。

●アボカドの皮

実は、アボカドの皮も染まるんです。

色は、枇杷の葉と同じく、サーモンピンク色。

枇杷の葉よりも少し薄い色ですが、サンゴ色のような、淡いピンク色です。

アボカドの皮も、ふだんなら捨てるようなものですが、

少しずつためておけば、立派な草木染めの材料になりますよ。

●ターメリック

ターメリックなら、すでに粉になっているので、簡単に染まります。

もちろん、濃い黄色に染まります。

玉ねぎの皮で染め出す、淡い黄色とは違い、ターメリックは、もっとはっきりとした、濃い黄色。

同じ黄色でも、ターメリックは、少しアジアっぽい雰囲気がします。

草木染めならではの、色の違いですね。

草木染めの材料 初心者でも簡単に染まるものは?

草木染めの材料で、初心者でも簡単にそまるもの。

私のおすすめは、玉ねぎの皮です。

玉ねぎの皮は、簡単に染まりやすいですし、

なんといっても、本来ならゴミになるもので、こんなにキレイな色に染まるなんて、感動しませんか?

もちろん、先ほどご紹介した材料でも、キレイな色に染まります。

草木染め独特の、味わい深い色。

ぜひ一度、ご自身で体験してみてください。

無地Tシャツ 大人の選び方!おしゃれに差がつく4つのコツとは?

オーガニックのパン屋さん 大阪の人気店3選!北摂にもあるの?

関連記事

  1. 鴇色

    鴇色(ときいろ)のこと

    鴇色(ときいろ)のこと印度茜(いんどあかね)の根を煮出して染める色です。媒染にはミョウバンを…

  2. 縹色(はなだいろ)のこと

    縹色(はなだいろ)のこと印度藍(いんどあい)から採れた沈殿藍を使用した、いわゆる「藍染め」の色で…

  3. 老竹色(おいたけいろ)

    老竹色(おいたけいろ)のこと

    老竹色(おいたけいろ)のこと柘榴の実の皮を乾燥させた染料を使用しています。媒染剤に木酢酸鉄を…

  4. マスタード色の合わせ方3選!合う色は?似合う人ってどんな人?

    マスタード色。からし色とも言うのでしょうか。パキッとした黄色ではなく、少しくすんだ色…

  5. 鈍色(にびいろ)

    鈍色(にびいろ)のこと

    鈍色(にびいろ)のこと矢車附子(やしゃぶし)というハンノキ科の低木の実を煮出して染める色です。…

  6. 黄蘗色(きはだいろ)のこと

    黄蘗色(きはだいろ)について柘榴の実の皮を乾燥させた染料を使用しています。媒染剤にはミョウバ…

  7. 憲法黒(けんぽうぐろ)のこと

    憲法黒(けんぽうぐろ)のこと藍染で縹色(はなだいろ)に染めた後に楊梅(やまもも)で濃い緑色を…

  8. 蒲萄色

    蒲萄色(えびぞめいろ)のこと

    蒲萄色(えびぞめいろ)のこと五倍子(ごばいし)で蒼グレーに染めた後、印度茜(いんどあかね)で赤を…

最近の記事

ページトップへ