草木、柿渋染めの自然な色合い。
優しい洋服の通販「KIKYU」

UVカットの服 寿命っていつまで?意外に短いことに驚愕した。

最近よく売っている、UVカット効果のある服。

カーディガンや、シャツ、ストールにも、UVカットのものがありますよね。

紫外線の影響が気になる私たちにとって、衣服にUVカット効果があると、かなり助かります。

値段も安く売られているので、買いやすくて嬉しいのですが、

ふと思いました。

「服のUVカット効果って、いつまで続くんだろう?」

汗もかくし、何度も洗濯しているけれど、UVカット効果はまだあるんだろうか。

去年買った、UVカットの服はどうなんだろう。

気になったので調べてみると、実は、意外なことがわかったんです。

UVカットの服 寿命っていつまで?

UVカットの服って、その効果はいつまで続くのでしょうか。

調べてみると、実は、UVカットの服には2種類あって、それぞれによって、効果の寿命が全然違うことがわかったんです。

その2種類とは、「UVカット加工の服」と、「UVカット素材の服」。

では、種類ごとに、詳しく説明していきますね。

●UVカット加工の服

「UVカット加工の服」とは、普通の素材で作られた服に、表面的にUVカット加工が施されたもの。

つまり、普通の服に、UVカット効果のある薬品やスプレーなどを塗ったもののことです。

一般的に、よく売られているUVカットの服は、ほとんどがこちらのタイプ。

お値段も安いので、買いやすいものが多いです。

ですが、その分、UVカット効果の寿命は、かなり短い。

ほぼワンシーズンしか効果が続かない、と言われています。

生地自体にはUVカット効果はなく、服の表面に加工されているだけなので、

洗濯したり、古くなったりすると、どうしても、薬品が剥がれ落ちてしまうんです。

●UVカット素材の服

「UVカット素材の服」とは、生地の繊維に、UVカット効果のある物質を入れ込んだものです。

こちらの効果は、ほとんど永久的に続きます。

生地の繊維自体にUVカット効果があるので、洗濯をしても、効果は落ちず、

生地に傷みがでない限り、永久的にUVカット効果が続くのです。

見分け方としては、製品表示の欄に「永久加工」等と表記されているものが多いので、そこをチェックしてみてください。

UVカット効果が、劣化せず、永久的に続くって嬉しいですよね。

ただし、ひとつだけ難点があります。

この、「繊維にUVカット効果のある物質を入れ込む方法」は、綿などの天然素材には使用できません。

化学繊維やポリエステル、レーヨンなどの繊維にしか、入れ込むことができないのです。

ですので、結果的に、

「UVカット効果が永久的に続く服」には、綿などの天然素材のものは存在しないということになります。

肌に触れるものだから、化学繊維はイヤだなと思っている方には、ちょっと悲しいですよね。

でも、ちょっと待ってください。

実は、天然素材のものでも、「UVカット効果が永久に続く服」があるんです。

UVカット効果が永久に続く、天然素材の服とは?

UVカット効果が永久に続いて、なおかつ天然素材の服とは、

柿渋わた染めをした糸を使用したものです!

実は、柿渋の主成分である柿タンニンには、UVカット効果があって、紫外線を99%もカットしてくれるんです。

柿渋の効果って、主に消臭や抗菌作用が有名ですが、実は、高いUVカット効果もあるんですね。

もちろん、柿渋わた染め糸の製品を洗濯しても、UVカット効果は落ちないので、その効果は永久的に続きます。

つまり、天然素材の繊維を柿渋わた染めすることで、

従来にはない、「UVカット効果が永久に続く、天然素材の服」が出来上がるんです。

私ども「貴久」では、オーガニックコットンのわたに柿渋染めをした糸を使用した製品を、取り扱っております。

柿渋のUVカット効果の裏付けとして、

繊維製品の検査をしておられる、カケンテストセンターさんで、紫外線遮断率の試験をしてもらいました。→試験報告書はこちら

試験結果によると、「貴久」の生地である「柿渋わた染め生地」は、紫外線遮断率99.1%と、かなり高いものになっています。

私どもが取り扱う「柿渋わた染め生地」とは、繊維になる前の段階、まだわたの状態のときに、柿渋で染めている生地のこと。

他の柿渋製品と違って、わたから染める事によって、繊維の一本一本の内部まで、柿渋が浸透し、しっかり染まっています。

ですので、柿渋のUVカット効果が、より発揮・持続するんです。

もちろん、柿渋には、UVカットの他に、消臭・抗菌作用もあります。

暑い季節に、消臭や抗菌効果は嬉しいですよね。

柿渋染めは、夏にこそ、ぴったりの製品だと思います。

「貴久」では、柿渋ワタ染め生地を使用した、ストール、Tシャツ、靴下など、多数取り揃えております。

柿渋染めだけだと、ベージュや茶色といった色しか出ませんが、

「貴久」では、柿渋染めに、草木染めの淡い色も組み合わせております。

紫外線対策だけでなく、ファッションとしてもお楽しみいただけるかと思いますので、ぜひ一度、手に取ってご覧くださいませ。

柿渋わた染めアイテムはこちら

草木染めのやり方 簡単に自宅でもできる方法を染物屋がお伝えします。

草木染めの色 人気ランキングBest5!結局いちばん使いやすい色は?

関連記事

  1. ノロウイルスも撃退!柿渋消毒スプレーを作ってみた

    ノロウイルスに効果を発揮する柿タンニン以前のもお伝えしましたが、柿タンニンを使った消毒液でノロウ…

  2. なぜ、柿渋わた染め糸(オーガニックコットン)なの?

    柿渋って?柿渋は、日本では平安時代から様々な用途で使われてきました。代表的な用法としては、建…

  3. ノロウイルス

    ノロウイルスを撃退!柿渋タンニンの抗ウイルス作用が……

    柿渋タンニンで「ノロウイルス」に効果の有る消毒スプレーの作り方冬の季節に流行する「ノロウイルス」…

  4. 原料であるオーガニックコットンを染めてから糸を紡いでいます。

     わたから染めるので消臭・抗菌などの効果が持続します貴久の柿渋わた染めは、たの柿渋商品とは違い糸…

  5. 紫外線

    紫外線対策としての柿渋 秋

    紫外線対策を怠ると怖い事にやっとあの暑さから開放されて肌のべとべと感も無くなってきました。でもなん…

  6. 柿渋の柿タンニンが臭いの原因物質を吸着・分解する

    柿タンニンが臭いの分解による無臭化を実現柿の渋味の正体は、柿タンニンという物質です。タン…

  7. 媒染(ばいせん)って何?

    媒染(ばいせん)って何?媒染(ばいせん)って言われてもなんだか解らない、難しいって思われる方…

最近の記事

ページトップへ