草木、柿渋染めの自然な色合い。
優しい洋服の通販「KIKYU」

オーガニックコットンって?

オーガニックコットンとは?

オーガニックコットンとは、有機栽培された綿花の事です。
オーガニック(organic)の意味を英和辞典で引くと「有機的な」と出てきます。
「有機」には「生命力を有すること」とか「生活機能を有すること」という意味があります。(デジタル大辞宣泉)

つまり、有機栽培とは生物由来のものしか使われていない栽培を指し、
化学処理された肥料や農薬を一切使いません。
農業における「有機」とは主に肥料に使われる「堆肥(たいひ)」のことをさします。
堆肥の原料は様々ですが、一番多いのは家畜の糞を原料としたものです。

現在は、有機物を肥料として用いた栽培方法だけでなく科学肥料や殺虫剤などの農薬を使わない
栽培方法も合わせて「オーガニック」と呼ばれています。

綿花畑

オーガニックコットンの厳しい基準

オーガニックコットンには厳しい基準が設けられています。

3年以上農薬や化学肥料等の化学物質を使っていない農地で栽培されてはじめて、
オーガニックコットンと呼ぶ事が出来ます。
通常の栽培方法から、有機農法に切り替えても三年たたなければオーガニックの審査基準は
クリアできません。これは農地に残留した化学薬品が約3年たたないと影響がなくならないからです。

綿T

普通の綿とオーガニックコットンの相違点とは?

普通の綿の栽培には、「農薬」や「化学肥料」、「除草剤」などの化学薬品が大量に使われています。
上述のようにオーガニックコットンには化学薬品などは使われておりません。

その上、普通の綿には原料から仕立て上がりまで「漂白剤」や「化学染料」「柔軟剤」などの化学薬品が
使われており人の肌に負荷をかけています。
オーガニックコットンには、有機栽培で優しく丁寧に育てられたので後の工程でも化学薬品を使わないケースが
多いようです。

もちろん、貴久のオーガニックコットンの製品には天然染料を使用しておりますので、加工時にも人体や地球環境に
有害な化学物質を一切使用しておりませんのでご安心下さい。

なぜ、柿渋わた染め糸(オーガニックコットン)なの?

古紙を再利用したパルプモールドって?

関連記事

  1. ストールとマフラーどっちを買うべき?スヌードとの違いも調べてみた…

    肌寒い季節になってきたら、首元に欲しくなるのが、ストールやマフラー。防寒にもなるし、巻くだけ…

  2. 草木染めのやり方 簡単に自宅でもできる方法を染物屋がお伝えします…

    「草木染めをやってみたいなぁ。」と、思っていても、「詳しいやり方が、わからない」…

  3. 【ガラ紡】日本独自の紡績機が紡ぎだす手紡ぎ風の糸

    【ガラ紡】日本独自の紡績機西洋の近代紡績技術に依存せず、日本独自の技術により発明された紡績方法で…

  4. 今日の染物 鈍色(にびいろ)

    今日の染物 鈍色(にびいろ)別注染めの依頼で帽子をグレーに染め直しました。帽子色…

  5. 藍染かめ

    藍染め 建てるという事

    藍染めの歴史藍の原料であるタデアイ、(漢字では書くと蓼藍)は、タデ科イヌタデ属の一年生植物。…

  6. 今日の染物 海松色(みるいろ)

    今日はたくさんの注文のあった海松色(みるいろ)を染めました。海松色(みるいろ)は、楊梅(やま…

  7. ノロウイルスも撃退!柿渋消毒スプレーを作ってみた

    ノロウイルスに効果を発揮する柿タンニン以前のもお伝えしましたが、柿タンニンを使った消毒液でノロウ…

  8. 紫外線

    紫外線対策としての柿渋 秋

    紫外線対策を怠ると怖い事にやっとあの暑さから開放されて肌のべとべと感も無くなってきました。でもなん…

最近の記事

ページトップへ