草木、柿渋染めの自然な色合い。
優しい洋服の通販「KIKYU」

媒染(ばいせん)って何?

媒染(ばいせん)って何?

媒染(ばいせん)って言われてもなんだか解らない、難しい
って思われる方も多いのでは?

草木染めの作業の中で非常に重要な工程でもある媒染。
天然染料の多くは媒染を必要とします。

染色液に布を浸しただけでは色が繊維にのっかている状態です。
ようは、このままでは色が落ちてしまいます。
そこで媒染処理を行うことで、繊維と色素を結びつけてあげる作業が必要になります。

媒染とは金属イオンなどによって、天然染料の色素と繊維との結合を強くし
繊維に固着させる役割とともに、色を発色させる重要な作業です。

昔のご先祖様も知ってかしらずかこの媒染の技術を使ってきました。
錆びた釘をご飯を発酵させそれで煮た物、灰の上澄み液、泥などでした。

天然染料

植物の色の不思議

草木染めの不思議なところですが、植物の色素はそのほとんどが
反応する金属の成分により発色の色が異なります。

たとえば、柘榴の実の皮で煮出した液に付けた布も、みょうばん(アルミニウム)
の水溶液で媒染すると黄蘗の幹の内皮のような黄色に染まりますが、木酢酸鉄(鉄)
の水溶液につけるとくすんだ緑色になります。

このようにいくつもの色に染まる植物は「多色発色の植物」と呼ばれています。
ほとんどの植物がこれにあたります。

媒染に使用される金属は色々あります。
アルミニウム・鉄・銅・錫などです。
ちなみに貴久では、みょうばんと木酢酸鉄を媒染剤に使用しています。

ノロウイルスノロウイルスを撃退!柿渋タンニンの抗ウイルス作用が…。

なぜ、柿渋わた染め糸(オーガニックコットン)なの?

関連記事

  1. あかね植物

    草木染め 万葉集にも使われていた茜(あかね)

    【万葉集】に詠まれていた茜(あかね)「あかねさす」この言葉一度は聞いた事がありますでしょう。…

  2. ボタニカル

    草木染めとボタニカルライフ

    ボタニカルって?【ボタニカル】とは「植物の」または「植物的な」という意味になります。自然…

  3. 原料であるオーガニックコットンを染めてから糸を紡いでいます。

     わたから染めるので消臭・抗菌などの効果が持続します貴久の柿渋わた染めは、たの柿渋商品とは違い糸…

  4. オーガニックコットンって?

    オーガニックコットンとは?オーガニックコットンとは、有機栽培された綿花の事です。オーガニ…

  5. ノロウイルスも撃退!柿渋消毒スプレーを作ってみた

    ノロウイルスに効果を発揮する柿タンニン以前のもお伝えしましたが、柿タンニンを使った消毒液でノロウ…

  6. 今日の染め物 丹色(にいろ)

    今日は人気の有る派手すぎずくすんだオレンジの丹色(にいろ)を染めました丹色(にいろ)は、柘榴…

  7. 無地Tシャツ 大人の選び方!おしゃれに差がつく4つのコツとは?

    夏になると、Tシャツが着たくなりますよね。さらっと1枚で着られるTシャツは、この季節、かなり…

  8. ノロウイルス

    ノロウイルスを撃退!柿渋タンニンの抗ウイルス作用が……

    柿渋タンニンで「ノロウイルス」に効果の有る消毒スプレーの作り方冬の季節に流行する「ノロウイルス」…

最近の記事

ページトップへ