草木、柿渋染めの自然な色合い。
優しい洋服の通販「KIKYU」

なぜ、柿渋わた染め糸(オーガニックコットン)なの?

柿渋って?

柿渋は、日本では平安時代から様々な用途で使われてきました。
代表的な用法としては、建築木材の下地や塗料、和傘や魚網の塗料、
衣服の染料などです。
なぜ昔の人は柿渋をそれらに使ったのか?
それは昔の人は柿渋に防腐・防水・防虫・抗菌・消臭の効果があることを
経験として知っていたんです。

現在は、柿渋の主成分である高分子タンニン(柿ポリフェノール)には
様々な効能がある事が知られています。
でも昔の人は生活の中で永い年月、淡々と意識することなく柿渋の効果を
受け継いできたんですね。

綿花

柿渋わた染め糸とは

そんな様々な効果のある柿渋ですがその性質から生地で染めると
生地を硬くしてしまいます。

柿渋ワタ染め糸とは、糸を紡績する前のワタ(オーガニックコットン)の段階で柿渋でていねいに染め
そのワタを使用して紡いだ糸のことです。
貴久では、その糸を使用してTシャツ・靴下などを製造しています。

そうする事によって柔らかく肌触りも良い風合でありながら、柿渋本来の
機能性も持ち合わせたアイテムの製造が可能になったのです。

それだけではありません。
ワタから染める事によって、繊維の一本一本の内部まで浸透し染まっています。
よって前述の効能がより持続するんです。

一般の他の柿渋製品との大きな違いはこの紡績前のわたの段階で柿渋で染める
という製造工程の違いにあります。

柿渋わた染め糸(オーガニックコットン)を使った商品は→こちらから

媒染(ばいせん)って何?

オーガニックコットンって?

関連記事

  1. 草木染め 毛糸を染める方法は?染物屋が伝える失敗しないコツ3つ

    草木染めで、毛糸やウールを染めたい。ふわふわの毛糸に、やわらかな草木染めの色は、とてもよく似…

  2. 今日の染物 海松色(みるいろ)

    今日はたくさんの注文のあった海松色(みるいろ)を染めました。海松色(みるいろ)は、楊梅(やま…

  3. 実際に住んでわかった!古民家リノベのメリットとデメリットとは?

    染物屋「貴久」は、古民家をリノベーションしたお店です。古民家…というより、長屋といった方が近…

  4. 藍染かめ

    藍染め 建てるという事

    藍染めの歴史藍の原料であるタデアイ、(漢字では書くと蓼藍)は、タデ科イヌタデ属の一年生植物。…

  5. リュックの色 選び方ポイント3つ!大人ナチュラルに着こなすコツと…

    リュックって、とても便利ですよね。両手もあくし、荷物もたくさん入るので、私もリュックが大好き…

  6. 今日の染物 鈍色(にびいろ)

    今日の染物 鈍色(にびいろ)別注染めの依頼で帽子をグレーに染め直しました。帽子色…

  7. 原料であるオーガニックコットンを染めてから糸を紡いでいます。

     わたから染めるので消臭・抗菌などの効果が持続します貴久の柿渋わた染めは、たの柿渋商品とは違い糸…

  8. ストールとマフラーどっちを買うべき?スヌードとの違いも調べてみた…

    肌寒い季節になってきたら、首元に欲しくなるのが、ストールやマフラー。防寒にもなるし、巻くだけ…

最近の記事

ページトップへ