草木、柿渋染めの自然な色合い。
優しい洋服の通販「KIKYU」

服のシミが取れないなら「隠す」が鉄則?まるで新品になる秘密の方法って?

どうやっても、服のシミが取れない!

あらゆるシミ抜きの方法を試してみても、どうしても、服のシミが取れないことってありますよね。

それが、お気に入りの服だったら、なおのこと悲しい…

そんなあなたにおすすめなのが、

シミを「隠す」こと。

服のシミが取れないなら、隠してしまえばいいんです。

服のシミが取れない…なら「隠す」が鉄則?

服のシミが取れない!

この服、すごく気に入ってたのに…

とお困りのあなた。

服のシミ抜きの方法って、たくさんありますが、

・方法どおりにやってもシミが取れない
・というか、素人には難しすぎる
・生地が痛む気がする
・失敗してさらにひどくなりそう
・結局はめんどくさい

って、思いませんか?

シミ抜きの方法って、テレビやネットでもたくさん紹介されているのですが、

素人には難しかったり、専用の洗剤が必要だったりと、少しハードルが高いですよね。

失敗したら、さらにひどくなりそうな気もするし、なによりめんどくさい…笑。

そんなあなたにオススメなのが、シミを隠す方法です。

服のシミが取れないなら、シミだとわからないように隠してしまえばいいんです。

服のシミが取れない…お気にりの服がまるで新品になる秘密の方法って?

シミを隠す方法は、いろいろあるのですが、

私が一番オススメなのは、服を染め直すこと。

服を染め直すことで、シミが隠れることはもちろん、

服が、まるで新品のように蘇るんです!

シミがついてしまったお気に入りの服が、まるで新品のようになるなんて、夢のようですよね。

では、なぜ服を染め直すことで、まるで新品のように蘇るのか。

その理由について、しっかりとご説明いたしますね。

【草木染めでの染め替え染直しの詳細はこちら】

① 色をのせることで、生地が丈夫になる

「服を染め直す」ということは、服に新しく染料を入れること。

そうすることで、生地がパリッと丈夫になるんです。

シミがついた、古くてヨレヨレのTシャツも、服を染め直すことで、

・シミが隠れる
・生地もパリッと丈夫に!

と、まるで新品のように蘇ります。

②服が違う色になると、雰囲気がガラッと変わる

服のシミを隠すためには、元の色と同じか、より濃いめの色で染め直します。

例えば、

・白のTシャツに茶色のシミ
→藍色のTシャツに大変身!

・グレーのワンピースにボールペンの跡
→黒or藍色のワンピースに大変身!

このように、シミがすっかり隠れるとともに、

シミのついた服に新しい色がのせられることで、雰囲気がガラッと変わり、全く違うものに生まれ変わるんです。

白のTシャツが藍色のTシャツになったら、まるで新しい服を買ったような気分ですよね。

もちろん、色によっては、

・黒のワンピースに汗ジミと色褪せ
→黒のワンピースの新品同様に!

と、同じものを新品同様に蘇らせることもできます。

服の染め直しは、自宅でもできるのですが、ちょっとコツがいるし、初めてだと失敗する可能性も大いにあります。

「お気に入りの服だから、絶対に失敗したくない!」という方は、

染め直しの専門機関へ、依頼するのがオススメです。

【草木染めでの染め替え染直しの詳細はこちら】

取れない服のシミを隠す方法…まだまだあるよ!

服のシミを隠す方法は、服の染め直しの他にもたくさんあります。

どれも、自分でやる方法なので、少し手間はかかりますが、オリジナルな服に仕上がりますよ!

①はぎれで隠す

シミになった部分を、布のはぎれで隠す方法。

シミ部分の上に布をあて、パッチワークのように縫っていきます。

シミの部分だけにピンポイントに縫うのではなく、いろんな布を組み合わせて、模様みたいにして縫うと、おしゃれになります。

つぎはぎっぽいデザインになるので、ジーンズやTシャツなど、カジュアルな服にオススメの方法です。

②ボタンやレースで隠す

シミ部分に、ボタンやレースを縫いつけて隠す方法。

これも、服のデザインによりますが、女性らしいTシャツやワンピースにオススメです。

子供の服なら、好きなワッペンなどで隠すのもいいですね。

③刺繍で隠す

少し上級者向けですが、刺繍が得意なら、刺繍でシミを隠してしまいましょう。

服のデザインや雰囲気に合わせて、レースっぽい刺繍、ワンポイントになるような刺繍をしてあげると、

シミのついた服も、新しい服として蘇ります。

ただ、自分で縫うと、失敗もつきものです。

「お気に入りの服で、失敗はしたくない!」

「布のつぎはぎや刺繍は、服のデザインに合わない。」

という方は、やはり服の染め直しが一番オススメです。

服のシミが取れないなら「隠す」…のは悪いことじゃない!

服のシミが取れないなら、隠す。

実は、この考え方は今に始まったわけではなく、ずっと昔から行われてきました。

昔の人は、着物や帯にシミができてしまったとき、

布をつぎはぎしたり、シミの上に柄や絵を描き足す…ということをしていたのです。

だから、服のシミを隠すのは、全然悪いことではありません!

むしろ、服を大切にしていて、素晴らしいことだと思います。

服にシミがついてしまった時点で、着なくなったり、捨ててしまう人も多いですからね。

ついてしまったシミは隠して、また新しい服として着る。

そうして、服を大切に扱っていけたら、素敵ですね。

【草木染めでの染め替え染直しの詳細はこちら】

Tシャツに1万円は正直高い…それでも選ばれ続けるナゾの理由って?

関連記事

  1. 染め直しのご依頼の方法

    染め直しのご依頼の方法【ご来店の場合】★ ご依頼のものをお持ち下さい。ご希望をお聞き…

  2. 別注染め重ね(直し)の出来る生地について

    別注染め重ね(直し)の出来る生地について綿・麻などのセルロース系天然繊維で作成されたものは染直し…

  3. 染直しでご注意頂きたいこと

    【染直しでご注意いただきたいこと】★ 染直しは染料を煮込んで行う為、高温になります。  生地…

  4. 縹色(はなだいろ)

    今日の染物 縹色(はなだいろ)

    今日の染物 縹色(はなだいろ)キクチタケオのヘンリーネックカットソーを縹色(はなだいろ)…

  5. 染め重ね(直し)の料金について

    別注染め直し(重ね)の料金について染め直しの料金は商品の重さで異なります。各重さの料金は下記…

  6. 今日の染物 鈍色(にびいろ)

    今日の染物 鈍色(にびいろ)別注染めの依頼で帽子をグレーに染め直しました。帽子色…

  7. 服を染める方法 簡単なやり方を染物屋が伝えます!ポリエステルも?…

    お気に入りの服が、なんだか色あせてしまっている…気に入って何度も着ているうちに、色が薄くなっ…

  8. 今日の染物 茜色(あかねいろ)

    今日の染物 茜色(あかねいろ)別注染の依頼で椅子カバーを茜色(あかねいろ)に染め直しました。…

最近の記事

  1. ベンガラ染め染料
ページトップへ