草木、柿渋染めの自然な色合い。
優しい洋服の通販「KIKYU」

Tシャツに1万円は正直高い…それでも選ばれ続けるナゾの理由って?

ブログ読者限定 10%OFFクーポン

Tシャツに1万円って、高すぎる。

正直、私はそう思っています。

Tシャツは、安いものなら、1枚500円〜1000円程度で買えるもの。

最近では、値段は安くても高品質なものが、たくさん売られていますよね。

素人が、ぱっと見ただけでは、値段の差なんて、全く感じられません。

ほとんどの人が、安いTシャツを選ぶ中、

それでも、1万円のTシャツを選ぶ人は、必ず存在します。

では、なぜ、1万円もするTシャツが選ばれ続けるのでしょうか。

その理由について、考えてみました。

Tシャツに1万円は高い…それでも選ばれ続けるナゾの理由って?


「1万円のTシャツ」と聞くと、正直高すぎると思ってしまいますが、

1万円のTシャツを選ぶ人は、まちがっても、「高すぎる」なんて思っていません。

「高すぎる」と否定的に思ったものに、わざわざお金なんて払いませんよね。

むしろ、「よいものを買った」と満足している人の方が多いのです。

それは、1万円のTシャツに、

「値段以上の価値」を見いだせているから。

値段以上の価値。

それは、ひとによってちがいます。

例えば、見た目だと、

・自分好みのシルエット
・生地の質感
・深みのある色合い

もちろん、

・丈夫で長持ちする
・洗っても首元がよれない

など、品質的な価値もあるでしょう。

その中でも、いちばん大切なのは、「目に見えない価値」です。

「目に見えない価値」とは、例えば、

・着心地がいい
・着ることで気分がワクワクする
・オシャレな自分になったような気がする

といった、目には見えない、自分の気持ち。

目に見えない価値だから、ハタから見れば理解はできないかもしれませんが、

そのTシャツを着ることで、なりたい自分、理想の自分に近づける。

着るたびに、嬉しい気持ちになる。

「1万円もしたけれど、買ってよかったな」と、心からそう思える。

1万円のTシャツが選ばれ続ける理由は、

そこに、自分だけの「値段以上の価値」を見いだせるからです。

【値段以上の価値 草木染め吊り編みTシャツはこちら】

500円のTシャツには価値がない?

では、500円のTシャツには価値がないのでしょうか。

そんなことはありませんよね。

もし、

・とにかく安いTシャツが欲しい
・流行り物を安く試したい
・汚れても気にしたくない

といった目的なら、500円のTシャツで、十分満足できるでしょう。

それに加えて、

・シルエットが好き
・色合いがオシャレ

などの付加価値があれば、「値段以上の価値」を感じることができます。

反対に、1万円のTシャツでも、

・シルエットが好みじゃない
・デザインが苦手

と感じるなら、そこにはなんの価値もなく、ただムダに高いだけのTシャツになってしまいますよね。

要は、500円でも1万円でも、同じこと。

モノを買ったとき、そこに価値を感じるかどうかに、値段なんて関係ないのです。

「モノを選ぶ基準=値段」だと必ず損をします

あなたの、モノを選ぶ基準って何でしょうか。

もちろん、値段も、ひとつの大切な判断基準ですよね。

1万円もするTシャツよりも、500円のTシャツの方が、買いやすいに決まっています。

でも、「値段」だけを判断の軸にしてもいいのでしょうか。

私はよく、「安いから」と値段だけで判断してモノを買ってしまいます。

でも、「安いから」という理由だけで選んだ服や靴を身につけているとき、自分があまり満足できていないことに気がつきました。

「安い!」と思って衝動買いした、990円のカットソーを着ても、なんだかしっくりこない。

だから、だんだん大切に扱わなくなって、そして、なんとなく着なくなってしまう。

反対に、学生の頃に見つけた、8000円のカットソー。

シルエットや質感がすごくかわいくて、直感で「欲しい!」と思ったけれど、当時の私には、そんな簡単に買える値段ではありませんでした。

一度はあきらめて、でもあきらめきれずに、何度もお店に足を運んで、悩んで悩んで、やっとの思いで購入しました。

私は、8000円のカットソーに、自分なりに「値段以上の価値」を感じていたのでしょう。

そうして買った服は、着るたびに嬉しい気持ちになるし、数年経った今でも、大切なお気に入りの1枚となっています。

モノを選ぶとき、私たちはどうしても「値段」を判断基準にしてしまう。

もちろん、値段を無視することは到底できませんが、

「値段だけ」を判断基準にしてモノを選んでしまうと、本当の価値を見いだせず、結果的に損をしてしまうのです。

大切なのは、

選んだモノに、「値段以上の価値」を見いだせるのかということ。

それを使うことで、あなたが本当に、満足できるのかということ。

モノが溢れすぎた時代。

「選ぶ」という作業が、だんだんと難しくなってきていますが、

値段だけに左右されず、

「自分だけの判断基準」をしっかり持つことができたなら、もっと賢くモノを選ぶことができるのではないでしょうか。

KIKYUのTシャツは5500円から。高いと感じますか?

Tシャツ各色

【こだわりの草木染め吊り編みTシャツはこちら】

KIKYUのTシャツは、メンズのMサイズで1枚8500円です。

天然の草木染め・オーガニック素材・吊り編み天竺など、こだわり抜いて作られたTシャツ。

8500円は、高いと感じますか?

もちろん、草木染めやオーガニック素材に全く興味がない人にとっては、高すぎる値段でしょう。

見た目が同じようなTシャツなら、もっと安く買うことができますよね。

でも、

・京都の染工房直伝の深い色合い
・天然の草木染め
・オーガニック素材
・世界に誇る和歌山の吊り編み天竺
・首元のよれない丈夫な生地
・手染めの一点物

KIKYUのTシャツには、他にはない価値があります。

読んでいて興味がわいた・ワクワクした気持ちになったあなたにとっては、

必ず「値段以上の価値」を感じることができるTシャツです。

モノが溢れすぎた時代だからこそ。

自分にとって、本当に価値のあるものだけを選んでいきたいですね。

草木染め吊り編みTシャツ

【こだわりの草木染め吊り編みTシャツはこちら】

ブログ読者限定 10%OFFクーポン

池田ラーメン博物館 安い駐車場3選!地元民が伝えるお得な裏ワザって?

染め直し、染め替えで取れない服のシミは「隠す」が鉄則??まるで新品になる秘密の方法って?

関連記事

  1. 草木染めの色 人気ランキングBest5!結局いちばん使いやすい色…

    草木染めの色は、とても独特です。青とか赤とか、そういった言葉ではあらわせない、とても優しくて…

  2. 古紙を再利用したパルプモールドって?

    パルプモールドってパルプモールドって聞いた事がありましたか?パルプだから紙を使ったものかな?…

  3. 媒染(ばいせん)って何?

    媒染(ばいせん)って何?媒染(ばいせん)って言われてもなんだか解らない、難しいって思われる方…

  4. 今日の染物 海松色(みるいろ)

    今日はたくさんの注文のあった海松色(みるいろ)を染めました。海松色(みるいろ)は、楊梅(やま…

  5. ノロウイルス

    ノロウイルスを撃退!柿渋タンニンの抗ウイルス作用が……

    柿渋タンニンで「ノロウイルス」に効果の有る消毒スプレーの作り方冬の季節に流行する「ノ…

  6. なぜ、柿渋わた染め糸(オーガニックコットン)なの?

    柿渋って?柿渋は、日本では平安時代から様々な用途で使われてきました。代表的な用法としては、建…

  7. 花束の保存方法おすすめ4選!ドライフラワーより長持ちする方法って…

    大切なひとにもらった花束、どうしてますか?とりあえず花瓶に生けて、毎日水…

  8. オーガニックコットンって?

    オーガニックコットンとは?オーガニックコットンとは、有機栽培された綿花の事です。オーガニ…

最近の記事

  1. 染め直しデニム
ページトップへ