草木、柿渋染めの自然な色合い。
優しい洋服の通販「KIKYU」

草木染め 毛糸を染める方法は?染物屋が伝える失敗しないコツ3つ

草木染めで、毛糸やウールを染めたい。

ふわふわの毛糸に、やわらかな草木染めの色は、とてもよく似合いますよね。

でも、毛糸やウールは、とてもデリケートな素材。

綿などの布を染めるのとは違って、毛糸やウールを染めるときは、少しだけコツが必要なんです。

コツといっても、そんなに難しいことはありません。

少し気をつけるだけで、誰でも簡単に、草木染めの毛糸を作ることができるんです。

草木染め 毛糸やウールを染める方法は?

では、毛糸やウールを草木染めする方法を、順番にご説明いたします。

【準備するもの】

・市販の生成りの毛糸(ウール100%)
・媒染剤(ミョウバン)
・染めたい材料
(玉ねぎの皮、ヨモギの葉、花びら…)
・大きめのお鍋
・菜箸

①毛糸の下準備をする

毛糸を染める前の下準備として、毛糸を輪っか状の束(カセ)にしておきます。

これは、お鍋の中で煮染めするときに、毛糸が絡まらないようにするためです。

椅子の背などを使うと、グルグルとまわすだけで、簡単に輪っか状になります。

カセにしたら、輪っかがほどけないように、別糸で3ヶ所くらいゆるめに止めておきましょう。

下準備が終わったら、たっぷりのぬるま湯(30℃〜40℃)に浸けておきます。

②先に媒染する

綿や麻素材などは、染めた後に媒染するのですが、毛糸などウール素材は、染める前に媒染します。

まず、媒染剤(ミョウバン)を、毛糸がゆったり浸かるくらいのお湯に溶かします。

手が入れられるくらいの温度(30℃〜40℃)まで冷めたら、ぬるま湯に浸けていた毛糸を入れます。

そして、ゆっくりと時間をかけて、沸騰直前まで温度を上げていきます。

その後、弱火にして、そのまま30分ほどクツクツと煮てください。

火を止めたら、そのまま放置して、自然に冷めるのを待ちます。

③染液を作る

媒染している間に、別のお鍋で染液を作りましょう。

染液の作り方は、使う材料にもよりますが、簡単に言えば、

染めたい材料を煮て色を出す→材料を取り出して染液にする

例えば、玉ねぎの皮を材料とすると、

ネットに入れた玉ねぎの皮をたっぷりの水に入れて、お鍋にかけて色を煮出す

色が出てきたら、ネットごと玉ねぎの皮を取り出す

こうしてできたものが、染液です。

材料はなんでも構いませんので、好きなものを使ってください。

ちなみに、玉ねぎの皮だと、きれいな黄色に染まります。

できた染液は、手が入れられるくらいの温度(30℃〜40℃)まで冷ましておきましょう。

④染色する

いよいよ染色します。

冷ました染液に、媒染した毛糸をゆっくりと浸けていきます。

そして、媒染と同じように、ゆっくりと時間をかけて、沸騰直前まで温度を上げた後、弱火で40分〜1時間ほど煮染めします。

染めムラにならないように、ときどき、菜箸で、毛糸を優しくゆっくりと、上下に返すように動かしてください。

火を止めたら、放置して自然に冷めるのを待ちます。

温度が下がっていく間にも、ぐんぐん染まっていきますので、そのまま一晩ほど放置しましょう。

⑤洗う→乾かす

染液が冷めたら、毛糸を取り出し、ぬるま湯で優しくすすぎ洗いします。

色が出なくなるまで洗ったら、仕上げに、柔軟剤を入れたお湯で洗います。

そうすると、毛糸がふんわりとやわらかく、風合いがでます。

軽く脱水して、陰干したら完成です!

日陰の風通しのいい場所で、ざるなどに広げ干すか、カセのまま、物干し竿に吊るしてもいいですね。

【草木染め 毛糸やウールを染める方法】失敗しないコツ3つ!

毛糸やウールを染色するときに気をつけなければいけないのは、フェルト化のこと。

ウール素材はデリケートなので、気をつけて扱わないと、フェルトのようになってしまうのです。

そこで、毛糸がフェルト化しないために、気をつけるべきコツを3つお伝えします。

①急激な温度変化に気をつける!

ウール素材の毛糸は、急激な温度変化にとても弱いです。

例えば、「煮染めした熱い温度の毛糸を、冷たい水で洗う」などすれば、毛糸がギュッと縮まり、フェルト化の原因となってしまいます。

なので、毛糸の温度が急激に変化しないように、

・毛糸は冷めた染液に入れる
・ゆっくりと温度を上げていく
・自然に冷ます
・洗うときはお湯を使う

など、温度変化には十分に気をつけましょう。

②乱暴に扱わない

ウール素材の毛糸は、とてもデリケートで摩擦に弱いです。

なので、優しくゆっくりと扱ってください。

特に、煮染め中に、毛糸を菜箸で動かすときは、ゆったりと静かに扱いましょう。

乱暴に動かすと、フェルト化の原因にもなりますし、カセもバラバラになってしまいます。

③ 60℃〜90℃で染める

ウール素材の毛糸は、90℃以上の高温には弱いのですが、60℃以上でないと染まりません。

なので、煮染めするときは、沸騰直前まで、ゆっくりと温度を上げて染めていきましょう。

また、何回も火にかけるとフェルト化が進んでしまうので、1回でしっかりと染め上げてください。

いかがでしたか?

綿などの布と違って、ウール素材の毛糸を染める時は、知っておくべきコツがあります。

火加減や温度に気をつけたりと、少し手間がかかりますが、

実は、ウール素材の毛糸は、綿などの布よりも、はるかに染まりやすいんです。

しっかりと色が入るので、草木染めの色をより味わうことができますよ。

ふんわりとした毛糸に、草木染めのやわらかな色をのせて、その風合いをぜひ楽しんでみてください。

紅茶染めのやり方 【簡単】色止めのコツは?ピンク色に染まる方法って?

関連記事

  1. オーガニックコットンって?

    オーガニックコットンとは?オーガニックコットンとは、有機栽培された綿花の事です。オーガニ…

  2. ボタニカル

    草木染めとボタニカルライフ

    ボタニカルって?【ボタニカル】とは「植物の」または「植物的な」という意味になります。自然…

  3. あかね植物

    草木染め 万葉集にも使われていた茜(あかね)

    【万葉集】に詠まれていた茜(あかね)「あかねさす」この言葉一度は聞いた事がありますでしょう。…

  4. オーガニックのパン屋さん 大阪の人気店3選!北摂にもあるの?

    最近気になるのが、オーガニックのパン屋さん。年齢を重ねるごとに、健康に気を使いたくなるもの。…

  5. 紫外線

    紫外線対策としての柿渋 秋

    紫外線対策を怠ると怖い事にやっとあの暑さから開放されて肌のべとべと感も無くなってきました。でもなん…

  6. ノロウイルス

    ノロウイルスを撃退!柿渋タンニンの抗ウイルス作用が……

    柿渋タンニンで「ノロウイルス」に効果の有る消毒スプレーの作り方冬の季節に流行する「ノロウイルス」…

  7. なぜ、柿渋わた染め糸(オーガニックコットン)なの?

    柿渋って?柿渋は、日本では平安時代から様々な用途で使われてきました。代表的な用法としては、建…

  8. 【ガラ紡】日本独自の紡績機が紡ぎだす手紡ぎ風の糸

    【ガラ紡】日本独自の紡績機西洋の近代紡績技術に依存せず、日本独自の技術により発明された紡績方法で…

最近の記事

ページトップへ