草木、柿渋染めの自然な色合い。
優しい洋服の通販「KIKYU」

鈍色(にびいろ)のこと

鈍色(にびいろ)のこと

矢車附子(やしゃぶし)というハンノキ科の低木の実を煮出して染める色です。
媒染にはミョウバンと木酢酸鉄の両方を使います。
鈍い灰色をしていて、江戸時代では、茶色や藍色と並んで「粋」な色とされてきました。
どんな色とも合う、とても使いやすい色です。

老竹色(おいたけいろ)老竹色(おいたけいろ)のこと

藤鼠色(ふじねずいろ)のこと

関連記事

  1. 藤鼠色(ふじねずいろ)のこと

    草木染め染料五倍子で染める色です。木酢酸鉄で媒染することでくすんだ青紫や青グレーに染まります。…

  2. 灰桜色

    灰桜色(はいざくらいろ)のこと

    灰桜色(はいざくらいろ)のこと椰子の木の実の種、檳榔子(びんろうじ)を煮出して染める色です。ミョ…

  3. 【藍染体験】関西で持ち込み可能はココだ!大阪 京都おすすめ3選!…

    REAL TIME ORDERNew Order「藍染めを気軽に体験してみ…

  4. 憲法黒(けんぽうぐろ)のこと

    憲法黒(けんぽうぐろ)のこと藍染で縹色(はなだいろ)に染めた後に楊梅(やまもも)で濃い緑色を重ね…

  5. 草木染めの色 人気ランキングBest5!結局いちばん使いやすい色…

    REAL TIME ORDERNew Order草木染めの色は、とても独特…

  6. 海松色(みるいろ)のこと

    海松色(みるいろ)のこと楊梅(やまもも)の幹を使って染めた濃いカーキグリーンです。媒染は木酢酸鉄…

  7. 丹色(にいろ)のこと

    丹色(にいろ)のこと柘榴(ザクロ)の実の皮を乾燥したもので黄色に染めた後で印度茜(いんどあかね)で…

  8. 老竹色(おいたけいろ)

    老竹色(おいたけいろ)のこと

    老竹色(おいたけいろ)のこと柘榴の実の皮を乾燥させた染料を使用しています。媒染剤に木酢酸鉄を使う…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページトップへ